コピルアック産地
中部ジャワ州 Mt.Muria

会社案内

Koki’s Kopi LuwakのWebサイトにお越しいただき誠にありがとうございます。私はKoki’s Kopi Luwakの店主であります、徳永宏規と申します。

Koki’s Kopi LuwakはLJA JAPAN株式会社が運営するコピルアックのブランドです。Koki’s Kopi Luwakは皆様がコピルアックをおいしく召し上がっていただくため、生豆(グリーンビーン)の状態で日本に空輸され、ご注文をいただいてから焙煎し、皆様のお手元に届けられます。

私とコピルアックとの出会いは、あるインドネシアの友人の「いたずら」がきっかけでした。中部ジャワ州にあるインドネシアの友人宅で出されたコーヒーを飲んだところ、通常のコーヒーとは全く違う鮮烈な味わいに驚き、「このコーヒーは何か?」と彼に尋ねたところ、実はこのコーヒーは「コピルアック」で、内緒で私に出して反応を見たかったとのことでした。 私の予想以上の反応に彼と彼の妻は手を叩いて喜んでおりました。

それ以降、「この普通とは明らかに味が異なるおいしいコーヒーを、何とか日本に輸入したい」 との思いからコピルアックのビジネスをインドネシアでスタートさせました。

コピルアックはインドネシアの特産物として有名です。広いインドネシアの国土の中にはいくつかのコピルアックの供給者が存在します。その中で、私たちはまず信頼できる業者を探す必要がありました。

このコピルアック、希少で高級なコーヒーであるがゆえに、非常な高値で取引をされております。そのため業者の中には普通のコーヒー豆を「コピルアック」として供給する者や、少量のコピルアック生豆と普通の生豆を混ぜて供給する者もあります。このような状況であることから、コピルアックのビジネスを始めるためには信頼できる業者と取引をすることがまず必要不可欠になります。

いろいろな方法でコピルアックの供給者を探し、アプローチをしてみましたが、なかなか信頼できる業者が見つからず、ひどい場合にはサンプルを取り寄せても明らかに普通のコーヒーであるケースもありました。

そのような状況の中で、知人のつてをたどりやっと一つ地元の中部ジャワ州で信頼できる供給者と出会うことが出来ました。それが、コーヒーの産地として有名なMuria山のKelet村にある養猫業者でした。

そして私たちの次の課題は品質と価格でありました。

ところで、突然ですが、コピルアックの生豆が出来上がるまでのプロセスを簡単に説明いたします。

まずジャコウネコが食べたコーヒーの実は胃で消化されずフンと一緒に出てきます。それを集めて数日間乾燥させます。そして乾燥したものを洗浄し、パーチメントを脱穀し、最終的に生豆が出来上がるわけであります。

このKeletにある養猫業者は、ジャコウネコにMuria山で採れた新鮮なコーヒーの実を与えフンを集め乾燥させるプロセスを行っております。当然最終的に生豆にするプロセスまでを行うことが可能で、 十分おいしいコピルアックを得ることが出来ます。

ところが、私がいろいろな業者からサンプルを取り寄せ、コピルアックを飲み比べてみた結果、ひょっとしたら精製工程次第でもっとおいしい、コピルアックが出来るのではないか?と思うようになりました。

また、価格の面でもKeletから生豆を購入するよりも自分たちで精製をしたほうが、より低価格で日本に輸出できることがわかりました。

そこで、私たちは彼らから生豆を購入するのではなく、乾燥したジャコウネコのフンを購入し、 自社の施設内で精製工程を立ち上げることにしたのであります。

しかしながらこの精製工程は単純ではありますが、なかなか思うような品質のものが出来ずいろいろなハードルがあり苦戦をしました。洗浄がうまくゆかない、乾燥が不十分、etc….。

試行錯誤を重ね、どうしても自分たちの技術で不十分な工程については何とか熟練作業員をリクルートし、ようやく安定した品質を確保できるまでに至りました。

また、コピルアックは豆が高価であるためハンドピックを行わない場合もあるのですが、 弊社では現地でハンドピックの専門家を雇い対応しております。

私は2012年9月現在、日本に帰国しておりますが上記はすべて私がインドネシアに滞在している間に、私とインドネシア人の仲間たちと、現場で一緒に立ち上げたプロセスでございます。

このコピルアックに関してはまだまだ書きたいことはたくさんありますが、 紙面の関係もあり、後はブログで少しずつ記載してまいります。

このブログではコピルアックのことはもちろんですが、インドネシアの文化、 経済、そして私が大好きなインドネシア人たちのことについても触れてまいりたいと思います。

最後になりますが、改めましてこのWebサイトをご覧いただいた皆様にお礼申し上げます。

いつの日かKoki's Kopi Luwakを通して皆様とお目にかかることがかないましたら、 店主としてこれ以上の喜びはございません。

Koki’s Kopi Luwak  店主
LJA JAPAN株式会社 代表取締役
徳永宏規

Koki's Kopi Luwakを運営するLJA JAPAN株式会社について

2012年2月、弊社は日本とインドネシアを結ぶ貿易会社としてスタートいたしました。 インドネシアの関連会社でありますPT. LINTAS JAYA ABADIと共に、 日本のマーケットにインドネシアのコモディティー、特産品を紹介してまいりたいと思います。

弊社およびPT. LINTAS JAYA ABADIが提供する製品、サービスが日本、 インドネシア両国の皆様の生活に彩りを加える一助となることが出来れば幸いと存じます。

PT. LINTAS JAYA ABADIはインドネシア政府の定める輸出ライセンス(NIK)、輸入ライセンス(API-U) およびコーヒー生豆輸出ライセンス(ETKS)を保有しております。 インドネシアから製品を輸入したいが、インドネシアの供給サイドがNIKを所有していない場合、 もしくは日本からインドネシアに製品を輸出したいが、 インドネシアの受け入サイドがAPIを保有していない場合など、弊社にお問い合わせをいただければ、 何かしらのお力になれるかと存じます。

なお、弊社社名LJA JAPAN、LJA のLはインドネシア語のLintas(貿易)、 JはJaya(繁栄)、AはAbadi(永遠)の頭文字をとって名付けたものです。 貿易業を通して弊社およびPT. LINTAS JAYA ABADIが皆様のお役にたてるよう努めてまいります。

LJA JAPAN株式会社
代表取締役 徳永宏規