コピルアックブロク画像

コピルアックとゴルフコンペ2

2013.7.12

さて、昨日の話の続きです。コピルアックのプロモーションのために始めた「ゴルフ景品スポンサー」ですが、おかげさまで先般第一回目の協賛をStar Platinaゴルフコンペ企画でさせていただくことが出来ました。

 

担当部長さんの話によると、今回の千葉県富津市ブリストヒルゴルフクラブでのコンペ、大いに盛り上がったようで、提供させていただいたコピルアクもお役にたてたのではないかと思います。

 

コンペにご参加いただいた皆様、Star Platinumの皆様に厚くお礼申し上げます。

 

昨日からゴルフの話を書いていると、いろいろなゴルフの思い出がよみがえりました。インドネシアではジャコウネコとコピルアックのことばかりを考えており、精製所があるPatiにいるスタッフたちに「ゴルフとはこんなに面白いのだぞ!」と言ってもみんな無関心・・・・。

 

それもそのはずで、おそらくほとんどの人がゴルフをテレビでも見たことが無いでしょう。

 

ところで、日本でもゴルフの中継はテレビで見ることが出来ますが、私は生でプロの試合前の練習を見たことがあります。その時は石川遼プロを始めそうそうたるメンバーが練習場でビシバシショットをしていたのですが、それはもうものすごくて、感動でしばらく「夢の世界にいるのではないか??」と錯覚するほどのものでした。

 

しかし、こういったTOPプロになれる人々というのはほんの一握りで、プロゴルファーというのは一見華やかな世界に見えますが、ビジネスとしては大変厳しい世界であると聞いたことがあります。

 

実は以前あるゴルフコンペでツアープロと一緒に3ホールだけラウンドしたことがあります。そのプロはテレビに出ることはないのですが、一緒に回らせていただいてまず思ったのは、「ドライバーの飛距離が全然違うな~」ということです。

 

このプロは飛距離自慢のプロではなかったのですが、それでも270ヤードくらいは飛んでいたと記憶しています。それでは実際にアマとプロの違いがどこかというと、具体的にどこというわけではなく「全て」としか言いようがないくらい違います。

 

こんな凄い人でもやはりテレビに映るにはなかなか難しいようで、いくらゴルフ好きの私でも「プロには絶対なれんな・・・」と思いました。

 

さて、ここでこのプロとご一緒させていただいた時の話を少しいたします。このプロと3ホールという短い時間同伴させていただいた際、恥ずかしながらプロの打ち方を真似してしまったのであります。もう少し解説いたしますと、プロの飛距離に感動し、「あんな感じでショットをすればオレも・・・・」という心理状態が、無意識に真似をさせたのだと思います。

 

しかしながらお察しの通りアマチュアがいきなりプロのスイングを見よう見まねでやってみても、絶対に同じようにはいきません。しかしプロと一緒に回っている限り、もう本能的に同じようなスイングをしようとするわけです。

 

そうすると、もちろんスコアはメロメロ、プロのショットは凄すぎて、早すぎて何が何だかよくわからず、感動だけはするもののあっという間に3ホールが終了してしまいました。

 

ところがこれが女性になると様子が違ってまいります。

 

ある日、一緒にラウンドした会員さんの関係で、一人女子プロの研修生と一緒に回る機会がありました。研修生とは、ゴルフ場でキャディーや裏方の仕事をやりながらプロゴルファーを目指す人のことなのですが、プロではないにしても普通のハイレベルなアマチュアとはまたレベルが違います。

 

この女性の研修生は飛距離がだいたい私と同じでした。ドライバー、アイアン共にです。しかし同じ飛距離にもかかわらず「使用するクラブは違う」というケースが多々あり、そのホールが上がった後、例えば「なんでさっき2打目を8番アイアンじゃなくて7番アイアンで打ったのですか?」という会話が出来るのです。

 

これは私にとっては非常に勉強になり、「プロを目指す人はそういう考え方でクラブの番手を選ぶのか~」と感心したものであります。

 

ちなみにこれがさっきのツアープロと一緒のときであれば、こういった会話は絶対に成立しません。なぜなら飛距離がアマチュアとはあまりにも違い過ぎてしまい、女子プロの研修生のような共通点が何一つ無いからであります。

 

実はこのレベルの女性と一緒にラウンドさせていただいたのはこの1回きりで、Star Platinumの皆さんのようにプロに近い女性の方々と一緒に回れるというのは私からすればかなり画期的なレッスンにもなるのではないかと思います。

 

昔私がやっていたゴルフというのは会社の上司と一緒の緊張感漂うゴルフ。もしくは仲間と一緒でも「アイツにだけには絶対に負けたくない!!」というシビレる感じのゴルフ。もちろんラウンド中は自分のNiceショット以外笑顔は無し。仲間との会話も無し。

 

どちらのゴルフもそれなりに面白かったのですが・・・・・。

 

いつかインドネシアでゴルフが出来るようになりたいと心底思うのであります。

 

ゴルフやりたい。思いっきり・・・・。

 

 

Star Platinumのキャプテン、中村英美さんです。ゴルフ雑誌のモデルさんも務められています。もちろんシングルプレーヤー。

 

今回のコンペでコピルアック アイスのご紹介をしていただきました。ありがとうございます!!

 

Samapi Jumpa Lagi,

Koki