コピルアックブロク画像

コピルアクとゴルフコンペ1

2013.7.11

以前、日本に一時帰国した際にある飲み会に参加することになりました。飲み会といっても私は全くお酒が飲めない為ウーロン専門なのですが、飲んでいる人の話についてゆくことは何とかできます。

 

参加者は男性のみ約20名。年齢は20代半ばから70代前半まで、世代はばらけておりました。仕事の話になり、私が「ジャコウネココーヒー」をインドネシアから輸入していると申し上げたところ、みんな“キョトン????”

 

ジャコウネコとは一体何ぞや?? という話から始まり「それをうちのインドネシアの事務所で精製し、生豆を日本に送って焙煎してるのです」と話したところ、約半分は「へ―そんなのあるんだ!?」。残りの半分は「わざわざジャコウネコのフンを精製する意味が分からん!!」という状態でした。

 

そこでさらに詳しく「オランダ統治時代のインドネシアでは、コーヒーを現地民が飲むと領事からのお咎めがきついので、ジャコウネコがフンをした後のコーヒー豆を洗って飲んでいたのです。これが思いのほか美味しく、今やインドネシアの特産品となっています」と説明したところ、ほとんどの方がジャコウネコのフンを洗う意味をご理解頂いたという感じです。

 

しかしながら、酔いが回っているせいかまだ数名納得をしていただけない方もいらっしゃり「オマエはジャコウネコのフンをインドネシアで集めて、コーヒー豆の形に小さく丸めてるのか?」「そしてそれを輸入してるのか?」「日本でジャコウネコのフンを焙煎しているのか?」・・・・・。

 

(お酒って怖い)

 

散々突っ込まれたのですが、このジャコウネココーヒーを輸入していると申し上げたところ、実は一人だけ「それ、コピルアックとかコピルアクとかいうコーヒーじゃないですか?」と言った若者がおりました。もちろん「コピルアク」と聞いても他の19名は「??」。

 

つまり何を申し上げたいかというと、それほどコピルアックの認知度は低いわけでございまして、おそらくテレビで頻繁に取り上げられるでもしない限りコピルアックは世に出てこないのではないかと心配したのであります。

 

当然テレビコマーシャルを打つことなどできず、雑誌に広告を出そうともどの媒体が効果的かよくわからず、困り果てていたところ、ふとこの章で出てきた「ゴルフコンペでコピルアックが賞品として出てきて大ウケだった!!」と話していた友人を思い出しました。

 

ゴルフコンペの景品選びというのは実は結構難しいのです。なぜかというと、ゴルフコンペの賞品というのはかなり定番化されていて、例えばボールやマーカーなど、出場される方はもう既にいくつも持っていて、さらにまた景品でもらっても、ちょっともらい過ぎ・・・・。

 

という感じになるわけです。そこで登場するのがコピルアックのようになかなかお目にかかることが出来ないもの、珍しいものといったものになるわけなのですが、こういったものはいざ「見つけよう」と思ってもなかなか見つけられるものではありません。

 

こういったことで私が目を付けたのが、ゴルフコンペの景品。

 

ゴルフコンペでこのコピルアックを利用していただければ皆様にもお喜び頂き、なおかつ「コピルアックというものが世の中には存在するのだ~!!」とコピルアックの認知度自体も上がると思ったのであります。

 

実はここしばらくこういった、ゴルフコンペの際にKoki’s Kopi Luwakのプロモーションのお手伝いをしていただける会社を探していたのですが、今回ご縁があったのがこちらのStar Platinum Golfさん

 

詳細はWebをご覧いただければと思いますが、彼らが主催するゴルフコンペにKoki’s Kopi Luwakを景品に利用していただくという運びになりました。

 

次回、再びゴルフとコピルアックの関係!? につきましてブログを書きます。

 

この写真は先般Star Platinumさんで主催されましたゴルフコンペの写真です。ゴルフやりたい。思いっきり・・・・。

 

Sampai Jumpa Lagi,

Koki