コピルアックブロク画像

コピルアック 関西読売テレビ開局55周年記念番組 黒船Show社

2013.3.23

弊社のコピルアック精製の拠点がありますPatiは中部ジャワ州にあります。Patiはインドネシアの中では中堅都市という位置づけではありますが、ジャカルタやスラバヤに比べると都会とは程遠いと感じます。

 

特に目立つのは「馬」かもしれません。ジャカルタやスラバヤで馬が道路を歩いている姿を見たことはいまだありませんが、こちらでは馬車がまだ活躍しています。

 

牛やヤギは至る所で飼育されています。大きな牧場というよりも個人宅で飼育され、大きくなったら市場で売買されるわけです。

 

ペットも見ることは出来ますがほとんどが猫です。もちろんジャコウネコではなく普通の猫なのですが、鈴も首輪もつけずに放し飼いにしております。

 

この写真はコピルアック製造主任のGyantoの家で飼っている猫の写真です。結構人懐っこく私が彼の家に行くとふてぶてしくもあくびをしています。

 

犬は宗教上の関係で飼う人はあまりいません。しばしば犬を飼っている人を見ることはありますが、比較的まれなケースです。

 

ところで、コピルアックはジャコウネコのフンを精製しコーヒーとするものですが、ジャコウネコを飼っている人というのは見たことがありません。しかし中部ジャワにはコピルアックを生産するためにジャコウネコを飼っている集団はいくつかあります。

 

ちなみにこちらがジャコウネコ。やはり普通の猫とは少し違います。

 

弊社へフン付きパーチメントコーヒーを供給しているKeletもそのうちの一つですが、ジャコウネコ以外の動物から採れるフン付きコーヒーを精製し、コーヒーとして飲むというのはインドネシアではありません。

 

ところが最近「象」にコーヒー豆を食べさせて、そこから採れるフンを精製しコーヒーにしている商品があります。ネットで探してみると「Black Ivory Coffee(ブラック・アイボリー・コーヒー)」とあります。

 

どんな味がするのか、機会があれば一度飲んでみたいと思います。

 

実はこのBlack Ivory Coffeeが関西読売テレビ開局55周年記念番組の“黒船Show社”という番組で紹介されます。放送日は3月23日(土) 14:15~16:30

 

その中で少しだけKoki’s Kopi Luwakが登場します。今回は象が主役でジャコウネコは脇役なので、出番はわずかなようですが・・・・。

 

関西ではない為今日見ることが出来なくて残念ですが、関西のみなさま、期待くださいませ!!

 

 

Sampai Jumpa Lagi,

Koki